市立伊丹ミュージアム

EXHIBITIONS

  • 歴史
  • 特別展

リニューアル・オープン記念 信長と戦った武将、荒木村重展

2022年11月19日(土)〜12月25日(日)

『英名百雄伝』より「荒木摂津守村重」、戎光祥出版株式会社蔵

群雄割拠の戦国時代、天下統一を夢見る織田信長の配下として各地を転戦して武功をあげ、政治経済の要地である「摂津国」を支配していた武将、荒木村重。重臣の一人として信長から全幅の信頼を得ていた村重は、豊臣秀吉や明智光秀など、名だたる武将と肩を並べた強者であるとともに、茶や能楽に通じた文化人としても一目を置かれていました。しかし、現代において村重は「卑怯者」と評価されてきました。突如として信長に反旗を翻し、一年余りの攻防の末、妻子を置いて有岡城から脱したからです。同時に、地方豪族の家臣から立身するも、絶頂期で転落し、晩年は茶人として生きた数奇な運命は、これまで多くの小説で取り上げられ、さまざまな人物像が描かれてきました。

本展では、残された歴史資料と作品を通して武将・村重の生き様をたどるとともに、村重が嗜んだ茶と能楽に関する資料や、村重の居城であり、信長との攻防を繰り広げた有岡城の資料とその復元などを展示し、多角的な考察から村重の真の像に迫ります。

出品リスト

展覧会情報
会期

2022年11月19日(土)〜12月25日(日)

会場 展示室1・2・3・5
休館日 月曜日
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
入館料 一般1,000(900)円、大高700(600)円、中小400(300)円
※( )内は20名以上の団体料金
※兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
※伊丹市内在住の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)
主催 市立伊丹ミュージアム[伊丹ミュージアム運営共同事業体 / 伊丹市]
プレオープン・イベント

鼎談「村重は卑怯者だったのか!?」※終了しました

●登壇者:
千田嘉博(城郭考古学者)
米澤穂信(小説家)
北川央(九度山・真田ミュージアム名誉館長 / ファシリテーター)

●日時:1118日(金)13時半~15
●会場:アイフォニックホール メインホール(伊丹市宮ノ前1-3-30
●参加料:2,000円(展覧会観覧券付き / 参加者に限り当日<10時~18時、入館は17時半まで>も展覧会をご観覧いただけます)
●定員:250名(先着順 / 要申込)

申込について
10月28日(金)10時より受付開始(申込ページは10月28日(土)10時に公開。公開までは「エラー」と表示されます)。
こちら(兵庫県電子申請共同運営システムe-ひょうご)にアクセスの上、お申し込みください(お電話での申込はできません)。
●申込完了の通知メールは送信されません。申込完了時に表示される「到達番号」「問合わせ番号」を必ず控えてください(申請状況照会やキャンセル時に必要となります)。
●1回に2名様までお申し込みいただけます。
●キャンセルはイベント前日(11月17日)の17時までにお手続きください。
(e-ひょうごトップ画面→申請・手続情報→申請状況照会から到達番号と問合わせ番号を入力し、申請状況を確認の上、取り下げ手続きをお願いします)

イベントのご参加にあたって
※参加費は、当日、会場もしくはミュージアムの受付にてお支払いください。(現金のみ)
※会場での支払い受付開始は12時、ミュージアムでの支払い受付開始は10時です。
※開場は13時です。
※参加者に限り当日(10時~18時、入館は17時半まで)も展覧会をご観覧いただけます。ただし、イベント中は観覧できません。
※体調不良の方や新型コロナウイルス感染症の感染が疑われる方が身近にいる場合は、参加をご遠慮ください。
※マスクをご持参の上、イベント参加時はマスクの着用をお願いいたします。
※イベントの撮影および録音(カメラ/携帯/スマートフォン/タブレット)は禁止させていただきます。
※主催者や取材メディアによる写真や動画撮影が行われる予定です。イベント終了後の主催者および取材メディアによるWEBやSNS、テレビ、新聞、雑誌などで放映・掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

一覧に戻る

ページ上部へ戻る