市立伊丹ミュージアム

EXHIBITIONS

過去の展覧会 2021年度以前(伊丹市立美術館)

郷土ゆかりの洋画家 榊原一廣展

2004年4月1日(土)ー5月14日(金)

郷土ゆかりの洋画家 榊原一廣展

この度、伊丹市立美術館では伊丹ゆかりの洋画家、榊原一廣展を開催いたします。
 榊原一廣は、1883(明治16)年に現在の三重県亀山市に生まれ、1904(明治37)年に京都に移り、聖護院洋画研究所に入所して牧野克次、つづいて浅井忠に師事し、洋画家としての歩みを始めました。1906(明治39)年には、関西美術会第五回競技会の水彩画部門で二等賞を受け、その後も関西美術会や展覧会に出品をつづけます。
 1920(大正9)年から22年にかけてはヨーロッパに遊学して、ヨーロッパの風景を中心とする水彩画を多く制作。帰国後は伊丹市に居を構えて、国内各地に写生旅行に度々出かける他、阪神の洋画壇を中心に活動をつづけました。胸を患い、1941(昭和16)年に59歳で亡くなります。
 本展では、滞欧期の水彩作品を中心に、榊原独自のモノタイプ作品など約70点を紹介します。

展覧会情報
会期 2004年4月1日(土)ー5月14日(金)
会場 伊丹市立美術館
休館日 月曜日(但し祝日開館・翌日休館)
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
入館料

一般300(200)円/大・高生200 (160)円/中・小生100 (8O)円*()内は20名以上の団体割引
所蔵品展のみの入館料一般¥200(160)大高¥150(120)中小¥100(80)
*兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
*4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60歳以上、土日祝65歳以上)

主催

伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団

協力

三重県立美術館、星野画廊

関連企画 「榊原一廣と明治の京都洋画壇」
日 時:4月25日(日)午後2時~

講 師:島田康寛氏(京都国立近代美術館学芸課長)
場 所:美術館1F講座室
同時開催

所蔵品展 I
18世紀イギリス諷刺画にみるオランダの改革

一覧に戻る

ページ上部へ戻る