市立伊丹ミュージアム

EXHIBITIONS

過去の展覧会 2021年度以前(伊丹市立美術館)

深沢幸雄銅版画展 Fukazawa Yukio 

2003年11月1日(土)ー12月14日(日)

深沢幸雄銅版画展

伊丹市立美術館では「深沢幸雄銅版画展」を開催いたします。
 深沢幸雄は1924(大正13)年に山梨県で生まれ、東京美術学校を卒業後、1954年より独学で銅版画に取り組みました。以後そのすぐれた銅版画の技法を駆使して、数々の魅力的な作品を制作、日本を代表する銅版画家として、国内外の展覧会に多くの作品を発表、今日に至っています。
 本展では、初期の自己の内面を追求したモノクローム版画から、強烈な色彩によるメキシコ古代文明との対決、以後様々な技法を取り入れた魂の変遷の過程で生まれたそれぞれの時期の代表作179点を紹介します。とくに宮沢賢治『春と修羅』、アルチュール・ランボー『酔いどれ船』など銅版画集全10冊が一堂に公開します。これら深遠な詩情を秘める銅版画はわたしたちを静かな感動へと導かずにはおかないでしょう。

展覧会情報
会期 2003年11月1日(土)ー12月14日(日)
会場 伊丹市立美術館
休館日 月曜日(但し祝日開館・翌日休館)
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
入館料

一般700(500)円/大・高生350 (250)円/中・小生100 (8O)円*()内は20名以上の団体割引
所蔵品展のみの入館料一般¥200(160)大高¥150(120)中小¥100(80)
*兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
*4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60歳以上、土日祝65歳以上)

主催

伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団

関連企画

■講演会(聴講無料)
■2003年11月1日(土)午後2時より 美術館講座室
■演題「僕と版画とメキシコ」 ■講師 深沢幸雄(版画家)

一覧に戻る

ページ上部へ戻る