市立伊丹ミュージアム

EXHIBITIONS

過去の展覧会 2021年度以前(伊丹市立美術館)

夏休みの展覧会「いのちを考えるー北山善夫と中学生たちー」

2001年8月11日(土)ー9月24日(月)

夏休みの展覧会「いのちを考えるー北山善夫と中学生たちー」

北山善夫は、阪神大震災後から人間の「生と死」をテーマにしており、人間の死亡を伝える新聞記事を題材にしたドローイング「死亡記事」や立体作品「天使の椅子」などを発表してきた。本展は、伊丹市内の中学生約50人が、北山と対話を重ねた後、ワークショップとして新聞記事な絵画化するなどした。中学生たちの「生と死」への真摯な視線とみずみずしい感受性が作品化に繋がり、併せて北山の絵画及び立体作品と同時に展示を行った。

展覧会情報
会期 2001年8月11日(土)ー9月24日(月)
会場 伊丹市立美術館
休館日 月曜日(但し祝日開館・翌日休館)
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
入館料 一般500(400)円/大・高生250(200)円 中・小生100(80)円
*()内は20名以上の団体割引およびチケットぴあ前売料金
*兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
*4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60歳以上、土日祝65歳以上)
主催 伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団
 
 
関連企画

講演会
「自作について語る」講師 北山善夫(美術家)
2001年8月26日(日)午後2:00〜
場所 1F講座室

北山善夫と中学生たちのワークショップ概要
2001年8月6日(月)10:00-17:00
「死者への贈り物」をつくる
場所 企画展示室2F
材料 紙粘土
参加者数 50名

2001年8月7日(火)10:00-17:00
「死亡記事」を絵画化する
場所 企画展示室2F
材料 画用紙、新聞紙、鉛筆、油性ペン
参加者数 48名

2001年8月8日(水)10:00-12:00
ワークショップの感想文を書く
場所 企画展示室2F
参加者数 48名

一覧に戻る

ページ上部へ戻る