市立伊丹ミュージアム

EXHIBITIONS

過去の展覧会 2021年度以前(伊丹市立美術館)

いのちを考える 山口啓介と中学生たち 粒子と稜線

2005年8月3日(水)~8月28日(日)

いのちを考える 山口啓介と中学生たち 粒子と稜線

第一線で活躍しているアーティストを講師に迎え、市内中学生とワークショップを行なうこの展覧会も今夏で5回目を迎えます。今年のゲストは山口啓介さん(兵庫県生・1962~)。山口さんは、近年、人間と自然の共生やイラクでの劣化ウラン被害をテーマに、真摯に作品に取り組んでいるアーティストです。
 本展では、“植物との出会い”をコンセプトに、地球規模で異常な変化が起こっている自然界の現状を、様々な角度からアーティストと中学生がともに考えていきます。また「わたしの世界模型」と題する作品も制作し、自分自身を見つめ直します。展覧会へとつながるその過程で、新たな美術の可能性がみつかるかもしれません。
 なお、ワークショップは展覧会に先駆け、7月23日・24日の両日にかけて行ない、7月26日から美術館に隣接した重要文化財旧岡田家住宅(酒蔵)で先行展示します。

展覧会情報
会期 2005年8月3日(水)~8月28日(日)
会場 伊丹市立美術館+旧岡田家住宅(酒蔵)
休館日 月曜日(但し祝日開館・翌日休館)
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
入館料

一般500(400)円/大・高生250(250)円/中・小生100(80)円()内は20名以上の団体割引
*兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
*4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60歳以上、土日祝65歳以上)

主催

伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団、伊丹市中学校教育研究会美術部会

関連企画

■対談『「いのちを考える」に取り組んで』(聴講無料、要観覧券)
■講師:山口啓介(彫刻家)× 加藤義夫(美術評論家)
■日時:8月6日(土)午後4時~ 
■場所:美術館1F講座室

■同時開催 所蔵品展II ドイツのまなざし
2005年8月3日(水)~12月4日(日)

「日本におけるドイツ年」にちなみ、第一次世界大戦に端を発した激動の時代に制作を続けたドイツの作家3名(コルヴィッツ、ペヒシュタイン、ディックス)による所蔵品展を開催します。なお、アメリカの作家ベン・シャーンの作品<<リルケ『マルテの手記』より>>も併設します。

一覧に戻る

ページ上部へ戻る